アメリカ産大豆の魅力を知って大豆を身近に

昔からの日本食には大豆を用いた料理がとても多いですが、その大豆のほとんどは輸入品です。中でもアメリカから輸入されている大豆は多く、これからも日本の食卓にアメリカ大豆はどんどん増えていくでしょう。大豆はそのまま料理に使うほか、豆乳やお菓子にも幅広く使用されます。日本のみならず、大豆業界はこれからどんどん発展していくことでしょう。そこで、世界約80ヶ国以上でアメリカ大豆の海外市場拡大・輸出販売促進をおこなうUSSECは、アメリカ産食品大豆の安定供給の取組の一環として日本からNext Generation Soyfood Leadership Team/大豆食品業界の次世代を担うリーダーを米国(アイオワ州・オハイオ州・イリノイ州)に派遣しました。アメリカ大豆輸出協会は私たちの食卓も豊かにしてくれるでしょう。これからも更なる活躍を期待したいですね。食卓をおいしくするには大豆の食べ物が欠かせませんから注目です。無利息キャンペーン